台湾の中国語と北京語はココが違う!

日本で中国語を勉強するとなると、ほぼ100%
北京語を学ぶことになるのですが、もし海外留学
するとなれば選択肢は中国本土だけではなく
台湾という手もあるわけです。

今回は台湾留学する時に知っておくべき
台湾の中国語と北京語の違いをまとめました。


確かに台湾でも中国語を習得することができますし、
大きな大学では海外留学生や語学留学生のための
中国語センターなどがあります。

ただ「すべては北京語と同じですか?」と聞かれると
「全く同じですね」とは答えることができません。
やはり台湾の特徴をある程度受けているわけです。


日本に親しみを持っていてくれる台湾ですが、中国語
という面でどのように北京語と異なるのかをはっきり
理解しておきましょう!


スポンサードリンク

台湾中国語と北京語の違い

本当に驚きなんですが、いまだに
台湾って中国語を話してるんだっけ?
と、おとぼけた質問をする人がいまして(汗)

時には「台湾って韓国語?」なんて言う
猛者もいたりします(笑)


台湾の公用語は紛れもなく中国語つまり北京語です。

でも主に中国の北京で話されている北京語とは
ちょっとだけ違うところがあります。
今回はそのうちの主な二つを紹介します。
ぜひ参考にしてください。


四声の違い

中国語を勉強し始めるとまず練習するのが
四声なのですが、北京語の四声と台湾中国語の
四声はちょっと違います。


■北京語の四声表

101

■台湾中国語の四声表

102

上の図で分かる通り、台湾中国語の四声は
上がり下がりの幅がとても狭い
ですね。
それで最初のほうは相手が何声の発音を
したのか分かりにくいことが良くあります。

「え?今の発音は二声?三声?」
ということが最初のほうはよくあります。


スポンサーリンク


巻き舌発音の違い

中国語には巻き舌発音というものがありまして
これは無くてはならない発音です。
ピンインで“sh”“ch”“zh”が付く発音は
どれも巻き舌で発音しなくてはいけません。

この発音は下を上あごに付けて発音しますが
台湾中国語の巻き舌はそこまで舌を巻きません。
舌を上あごの前あたり(前歯のすぐ後ろ)に
くっ付けて発音する感覚です。

逆に北京語は上あごの後ろの方に舌を付けて
発音します。


台湾中国語と北京語の違いってすぐ分かるの?

台湾中国語と北京語の違いはハッキリしています。
今は日本の円が安くなって中国や台湾から観光客が
押し寄せていますね。

爆買いという言葉が知れ渡っているように
ドラッグストアや家電量販店などでたくさんの
買い物をする中国人や台湾人がたくさんいます。


そんな人たちのそばに、そっと近づいて耳を澄ますと
中国人か台湾人かがすぐに分かります。
それくらい発音に違いがあるということですね。

ただ台湾の対岸の福建省でも台湾と似た発音を
しますので、もしかしたら福建省の人かもしれません。


台湾は中国語だけじゃなかった!

実は台湾には台湾語という言語もあります。
中国語では台語(tái yǚ/タイユィー)と言います。
学校の授業などはすべて北京語が使われますが
今でもお年寄りは中国語ではなく台湾語を
よく使います。


ちなみに台湾の北に位置する台北では中国語が
よく話されていますが、台湾の南に行けば行くほど
台湾語が日常会話で使われます。

例えば台湾第二の都市高雄、台湾の古都台南は
台湾の南に位置していますが、若者でさえ
日常会話で台湾語をよく使います。


まとめ

北京語と台湾中国語の違いは
四声の発音の違いと、巻き舌発音の違い
ということでしたね。

中国でも台湾でも中国語(北京語)を勉強
できますのであとは個人の好みになります。
ただ台湾は親日の人たちが非常に多いので
生活しやすいかもしれませんね。



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook like box

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です