中国語の四声の発音練習方法|ポイントは二声と三声!

中国語の勉強を始めて、一番初めにつまずくのは四声の
発音ではないでしょうか。

練習をしてもなんだかイマイチだし、四声の覚え方もよく
分からない、と言う人がたくさんいます。


日本語は発音の上がり下がりが無く、抑揚のない発音なので、
中国語のあの抑揚のある発音になれるまでには、かなりの時間
を費やすのではと思います。

今回は中国語の四声の中で、一番気を付けることは何かについて、
また最重要の声調は何番目の声調かなどについてまとめました。


ただやみくもに練習するよりも、事前にポイントを理解して
練習するほうが効果は二倍にも三倍にもなります。

是非これを機会に、中国語の四声の発音をマスターして
しまいましょう!


スポンサードリンク

中国語四声の発音練習方法

中国語の四声とは「中国語の成長を4つに
分類したもの」です。
簡単に言うと発音の音の高さの違いが4つある
ということです。

ちなみに中国語の四声はこのようになっています。


5

一声、二声、三声、四声と分類されています。


中国語四声のポイントは二声と三声

難しく思われがちな四声ですが、実は一声と
四声は非常に簡単です。

もちろんある程度の練習は必要なのですが
少しの練習ですぐにマスターできるのが
一声と四声です。


ただ、二声と三声はかなりの練習をしたと思っても
本当に正確に発音できている初心者は3割くらい
だと思います。

何でそんなに難しいのかをさっきの図で見てみましょう。


4

二声と三声、ぱっと見ると全く違う声調に感じます。
でも三声がちょっと崩れるとあっという間に
判別困難になってしまいます。


6

どうでしょうか、全然違うように思えた
二声と三声ですが、三声の下がりが十分で
なかったりすると、三声が二声の声調のように
聞こえてしまうのです。

中国語の四声がまだまだの人の90%以上はこの
部分が出来ていません。


スポンサーリンク


中国語の四声は三声だけやればいい!

中国語の四声の発音の練習や覚え方なのですが
ポイントは非常に、超カンタンです(笑)。


三声をしっかり下げること!

これに尽きますね。
練習の時には三声の下げる部分を
「これでもか!」「下げるとこまで下げてしまえ~」
という意識で体に叩き込んでください(笑)。

練習の時は誰の目も気にせずにゆっくり練習できます。
でも、実際に会話をするときはそんなにゆっくりは
しゃべれません、相手がいますからね。


そんなときは急いで話しがちになりますが、残念な
ことに三声の声調が一番おろそかになりがちです。
つまり下がりが全く足りていないということです。

そうするとまず二声が悪影響を受けますし、しまいには
四声全体のバランスが崩れてきます。
結果として四声がいまいち、もしくは全然分からないという
感覚に陥ります。


分からなかったら三声だけに集中!

信じられないかもしれませんが、
三声だけやっていれば間違いないです。

三声を間違って発音していると癖になって
なかなか修正できなくなりますし、逆に
三声という柱がしっかりしているとあとの
声調はおのずとしっかりしてきます。


中国語は四声で同じピンインでも違う意味を
持つようになっている言語です。
しっかりとマスターしていきたいですね。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook like box

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です