長澤まさみの中国語はどうしてこんなにも上手なのか?

女優の長澤まさみさんは中国語ができる!
そしてめちゃくちゃ上手だ!
というのを知っていましたか?

それも短期間でかなり上手くなったらしいです。
どうしてそんなに上手くなったのか検証してみました。

長澤まさみの中国語が上手くなった理由

とりあえず長澤まさみさんの紹介を。


18

  • 本名:長澤まさみ
  • 生年月日:1987年6月3日
  • 出身地:静岡県磐田市
  • 身長:168センチ
  • 血液型:A型

(*´ー`*)ウットリ


相変わらずお綺麗な方ですよね~。

実は少し前にショコラというテレビドラマが
台湾で公開されまして、長澤さんはそのドラマに
出演したんですね。

これが日本語版のパッケージ

↓ ↓ ↓
15

そしてこれが中国語版

↓ ↓ ↓
17

で、そのドラマのセリフの80%が中国語でした。
なかなか上手なその中国語に監督も度肝を抜かれたとか!

僕もユーチューブで聞いたりしたんですが、
まだ粗削りな感じはありますが上手ですね。
さらに、五か月でこのレベルに達したそうですよ!
中国語歴五か月でこのレベルはガチですごいです。

中国語に限らず、語学を勉強している人たちにとって
夢を与えてくれています。

オレもこんな風に上手くなりたい!!!
ワタシだってペラペラ話せるようになりたい!
と思っちゃいますよね~。

で、これからはわたくしの独断と偏見なのですが、
どうして長澤さんがこんなに短期間で上手になったのか
分析してみました。

人間必要に駆られないと上手くならない

よく「外国に住めば言語が上手になる!!!」
と言いますが実際は100%そうだとも言えません。

例えば外国で駐在員として働いている人は
言語ができる同僚や部下がいてそんなに言語を
学習する必要がないことが多いです。

逆に飛び込みで外国に住んで、そこで働いたりする場合
周りは完全に現地の人たちになります。
この場合、外国語は必要不可欠になるので一生懸命勉強します。
結果、上手になるんですね~。

長澤さんも必要に駆られたほうだと思います。
ドラマの撮影はまさに必要だったわけで、監督もプロデューサーも
とても厳しい方だったそうなので必死に勉強されたんでしょう。
(間違ってたらゴメンナサイ!)

というわけで、短期間で言語が上手くなりたいというあなた!
自分に後がない状況を作ってみるといいかもです(笑)!

例えば、
外国人の恋人を作る(言語が上手くなる定番です)
周りのみんなに自分はいついつまでに上手くなる、と公言する
現地に飛び込んで周りを外国語でいっぱいにする
などなど。。。

でもこれって実行できない状況の人もいますし
けっこうスタミナのいることなんですよね~。
疲れるし。。。

流ちょうな言語という宝物と、計り知れないパワーや
ストレスを引き換えにするんです。
趣味程度に勉強している人にはオススメできませんね(笑)。

でも言語は上手になると世界が変わるし、
人生観とか考え方とかも変わりますので
とにかく何でもいいので楽しく勉強して
いくことをオススメしたいですね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook like box

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください