中国の習慣と文化|窓の前に洗濯物を干さないのはなぜ?

マンションやアパートに住んでいれば、洗濯物をベランダに
干すのは普通のことですが、中国や台湾ではご法度という
考えがあります。

なるほど、日本の文化や習慣と中国や台湾のそれはけっこう
違っているんですね。


じつはベランダに洗濯物を干さない、というのではなく
ベランダにある窓ガラスを塞がない、という言い方の
ほうが正しいです。

いったいどうしてか、それは家の主の面子や尊厳などと
関係がありました。


今回は中国や台湾の面白い風習“ベランダに洗濯物を
干さない“についてまとめてみました。


スポンサーリンク

中国や台湾の面白い習慣や風習

同じアジアで押し合いへし合いしている
日本と中国、そして台湾ですが、近いようで
遠い感じもしますね。

文化や習慣もそうで、似ているようで
似てない風習や習慣がたくさんあるんです。
今回は誰も考え付かないようなニッチな部分、
洗濯物(笑)に注目しました!


中国や台湾の洗濯物の干し方

3

何日も続いた雨の後の天気の日は、まさに洗濯ラッシュです。
そんな日には、ベランダいっぱいに洗濯物を干しますね。
外から見ると、洗濯物で窓が見えないくらいに
なることもあるでしょう。

でもこれは日本での話。
中国や台湾では窓の前に洗濯物を
干すという習慣はあまりありません。

中国や台湾ではベランダの構造自体が
日本と違っていて、窓の内側に洗濯物を
干せるようになっていたりします。
いったい、どうしてでしょうか?


中国人や台湾人が窓の前に干さない理由

中国人や台湾人にとって、
窓の前に洗濯物を干すことは、家の主(あるじ)
の目をふさいでいることに等しいことです。

例えば、職場で悪意を持った者が自分の旦那さんを
陥れようとしても、その策略が見抜けずにまんまと
その策にはまってしまう、ということですね。


家の窓は外が見渡せるように、いつも
遮るものが無いようにしておかなければいけない
このように考えている人が多いわけです。

窓の前いっぱいに物を干したりする行為はまさに、
「うちの旦那は、な~んにも見抜けないでくの棒ですよ」
と言っているものかもしれません(ちょっと言い過ぎかも笑)。


窓の前に洗濯物を干さない理由-まとめ

1

中国人や台湾人が窓の前に洗濯物を干さない理由、
それは「家の主(旦那)が賢く行動できるため」
でした。

中国や台湾に旅行に行く機会があれば、窓に
注目してみるのも、また面白いかもしれませんね。

もちろん、この風習は薄れていっていて、
「そんなの気にしないぞ~」という人も
多くなっていますので、参考までに読んで
いただけると嬉しいです。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook like box