台湾中国のプレゼントのタブー!置時計などの贈り物はマナー違反?

プレゼントをする時には相手に喜ばれるものを
一生懸命考えるものですが、相手が外国人の場合は
ちょっと悩んでしまいますね。

今回は中国人や台湾人にプレゼントする時のタブーに
ついてまとめてみました。


日本でもプレゼントにしてはいけないタブーがあるんですが、
中華文化の中でもけっこうあることに気づきました。

置時計や財布や靴などは、日本ではプレゼントすることも
あると思うのですが、中国台湾では絶対に贈ってはいけない
物の一つなんです。


またロウソクや卵(これは贈らないか笑)もタブーです。
では一緒にプレゼントにおける中華文化のマナーについて
見ていきましょう!


スポンサーリンク

中国や台湾の贈り物のタブーはたくさんある

8

日本でもプレゼントのルールやタブーはたくさん
ありますが、中国や台湾でも沢山ありそうですね。

なにしろ漢字ばかりで、漢字の発音やなにやらと
掛け合わせて縁起の良し悪しを決めてそう(汗)。


とにもかくにも、プレゼントという相手を喜ばせる
イベントで、逆に悲しませてしまったり、怒らせて
しまいたくないですからね。

ここはしっかり勉強して、プレゼントのルールと
タブーを頭に叩き込みたいと思います!


置時計や時計類はマナー違反になるの?

3

置時計をプレゼントすることは、まさに台湾や中国での
プレゼントのタブーの代表格みたいな存在です。

中国語の時計の類には“钟”という言葉が付きます。
繁体字では“鐘”です。


この発音をピンインで書くと“zhōng”となります。
「時計をプレゼントする」は“送钟(sòng zhōng)”。

そして中国語の终という字の発音も“zhōng”。


“送钟(sòng zhōng)”と、“終わりを送る”という
言葉とをかけているわけです。

そして“終わりを送る”とはまさしく「最後をみとる」
という意味になってしまうんですね。


そう、どうして中国や台湾で置時計の類がタブーと
されているかがよく分かりますね。

知らなかったでは済まされませんからね、
しっかり覚えておきたいです。


卵のプレゼントはどうしてマナー違反?

2

卵をプレゼントするなんて聞いたことないです。
いったいどんな人が卵をプレゼントするのでしょう?

卵のプレゼントはタブーとされていますが、特に
受験生にプレゼントしてはいけないそうです。


タマゴをよーく見ると、0(ゼロ)に見えます。
なるほど、一理ありますね。

ちなみにアヒルの卵は特に避けなければいけないそう。


ハンカチもタブー!送ってはいけません!

5

綺麗で可愛らしいハンカチや、シンプルなデザインで
かっこいいハンカチはありますが、決してプレゼント
として送ってはいけません。


どういうときにハンカチを使うのかを考えると、
ハンカチがタブーとされている理由が分かります。

汗を拭くとき、涙を拭くときなどです。

ハンカチをプレゼントすることは、
相手の苦労や不幸や悲しみを願っている
という意味になってしまいます。


ろうそくのプレゼントももちろんタブー!

1

「リラクゼーション効果のあるロウソク贈りたい!」
「私も好きなろうそくをあの人に!」

こんな良い動機でも、ろうそくのプレゼントは
中国台湾などではれっきとしたマナー違反!
レッドカードでございます!


ロウソクは亡くなった人に関係する催しで
使われる道具だからです。


布製の人形や石は贈り物のマナー違反

4

お人形さんが好きな友達の娘さんに贈りたい、
なんて思っても、やめておいた方が無難です。

台湾や中国の人たちは布製の人形には悪いものが
つきやすいと信じているからです。


ちなみに石も同じで、悪いものが付きやすい
信じているようですね。

来路不明(出処が分からない)石なんて
もっての外です。


靴のプレゼントもタブーなのでやめておこう

6

靴のプレゼントはマナー違反として有名です。


靴を贈り物にすることは、まるで
「この靴を履いて私から離れて行ってください」
と言っているようなものです。

絶交してほしい、あなたと関わりたくない
という意味になってしまいます。


財布のプレゼントもタブーだが、ちょっと意味が違う

7

財布のプレゼントは、相手の気分を害する
というより、贈り主に悪いことがある、
という意味です。

財布を送ることは自分の金庫を渡すこと。
つまり自分の金運や金銭にまつわるものが
良くない方向にいってしまうということ。


お金で困るようになったり、貸したお金が
返ってこないなど、良くないことが起こり
易くなると信じられています。


こんなにタブーの物があるなんて困る!

こうやって見ていくと、どんな良さそうな物でも
悪い意味とかがあって、何を選べばいいか分からない!
なんて悲鳴を上げたくなりますね。

現代の台湾や中国の若者は、贈り物のルールや
タブーを知らないこともあるので、ここは年長者
などに近づいてアドバイスをもらいたいですね。


また台湾ではプレゼントされた側が、プレゼントして
くれた側に1元や10元などを渡して、プレゼントと
してではなく買ったという名目にして受け取る
という対処法もあるそうです。


まとめ

置時計や卵、ハンカチ、ろうそく、人形や靴、財布
というタブーとされているプレゼントを書きました。

現在の若者たちは、年長者のようにタブーを
気にすることもないようですが、とにかく何が
良くない贈り物なのかをはっきり知っておきたい
ですよね。

プレゼントという喜ばしいイベントを最高の
イベントにしたいですね。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook like box