台湾のタクシーやバスに乗る時はスクーターに気を付けて!

日本人に人気の海外旅行先の台湾ですが、交通が
ちょっと気になるところではないでしょうか。

間違いないのは、日本に比べてとても危険だということ。
本当に気を付けてないと、旅行先で怪我なんてことにも
なってしまいます。


まず台湾でびっくりするのはバイクつまりスクーターが
以上に多いんです。

日本ではありえないこの光景に圧倒されて固まってしまい
そうですが、バイクに加えて大量のバスや荒い運転のタクシー
もありますので本当に恐ろしい(笑)。


今回はそんな危ない台湾の交通についてまとめてみました。


スポンサーリンク

台湾のタクシーやバス事情

台湾に旅行に行くときはまずは飛行機ですよね。
そして台北市内の空港、松山空港ならそのまま
タクシーに乗ってホテルという感じ。

もし桃園空港というちょっと遠い空港着なら、
バスに乗るか、タクシーをチャーターして
台北市内まで行くわけです。


そんなこんなで台湾旅行にはタクシーとバスが
欠かせないわけですが、日本にいる気分で台湾の
タクシーやバスに乗ると、それは危険!


台湾の人たちの運転は危ないこと極まりない!

台湾の人たちの性格はとても暖かくて親しみやすい
と思うのですが、乗り物を運転したらハンパなく
恐い性格になるんですね。


台北市内の地下鉄のMRTなどでは、皆さんちゃんと
列に並んで、思いやりのある行動をするんですが、

スクーターや車に乗ったとたん「俺が俺が!」
「ワタシがワタシが!」となります。


そしてスクーターは信じられないくらいの台数!


3出典:http://www.moto188.com/news/show-5412.html


この何百台というスクーター、そして車たちが
「俺が俺が!」という運転をするわけです。

横断歩道に歩行者がいてもお構いなしで、隙間さえ
あればすごい勢いで突っ込んできます。


もちろんバスが止まったらその横を猛スピードで
走り抜けるのですから、バスを降りるときはまず
降りる前に左右を確認したほうが絶対に良いです。

タクシーの場合は、運転手ではなくてお客さんが
自分でドアを開けて降りるので、ドアを開ける時も
細心の注意が必要ですね。


どうして乗り物に乗ったとたん「俺が俺が!」
という恐ろしい性格に豹変するんですかね~?

こち亀の本田さんみたいです。


バスやタクシーの運転手は安全運転?

2出典:http://www.getjetso.com/forum/thread-269606-1-1.html


バスとタクシーの運転手の運転技術なんですが、
個人的には上手とは言いがたいです。

赤信号で止まる時も、優しくブレーキをかける
のではなくて、「ギュ!!!」と勢いよく止まる。


台湾の観光名所の九份はくねくねの坂道ですからね、
運悪く席が無くて立ったままなら、100パーセント
乗り物酔いすることをお約束します!


タクシーの車はどんな車が多いの?

台湾には日本車がとても多いので、タクシーも
日本車であることがほとんどだと思います。

例えばこんな感じですね。


1出典:http://www.epochtimes.com.tw/


ただときどき、これでもか!というボロボロの
タクシーに乗らなければいけないことがあります。

台北ではタクシーの量が飽和状態ですので、道で
手を上げれば30秒以内にタクシーが停まります。


初回料金は75元ですから、日本円で300円くらい。
それから5元(約20円)ずつ加算されていくので、
リーズナブルですね。

バスの場合は基本15元(約60円)くらいですので、
これもまたリーズナブルな価格ですね!


まとめ

楽しい台湾旅行にするためには、台湾の交通事情
をある程度知っておいたほうが良いですね。

それにしても、あんなに優しい人たちなのに
乗り物に乗ったとたん豹変するって、いったい
なんなんでしょうかね?


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook like box

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です