中国語が難しい理由が意外!難易度はどのくらい?簡単なの?

中国語を勉強する人が多くなっていますが、いったい
中国語は日本人にとって簡単なんでしょうか。

中国語の難易度を知るには、ただ単に中国語はどうか?
ではなく、細かく分析していくことが大切だと思います。


例えば「中国語は漢字なんだから日本人にとって有利でしょ」
と言う人がいますが、それは中国語の発音や文法を無視した
考え方です。

つまり日本人にとっての中国語とは、難しい分野と比較的
易しい分野があるということなのです。


今回はそんな細かい部分の分析を簡潔にまとめました。


スポンサードリンク

中国語って難しい?難易度はどのくらいなの?

2

中国語を勉強したことのない人にとって、中国語は
一体どれくらいの難易度だと思っているんでしょう。


「中国語?漢字使ってるし、日本人には易しいよね」
「中国語の文章って意外に意味分かるし、大丈夫でしょ」

と思っていたのは何を隠そう自分なんですが、
そんな甘い考えは木っ端みじんに砕かれました(笑)。


でも今「中国語はすごく難しい!」という意見を聞くと、
ちょっと首をかしげたくなる気もするんです。

だから自分のためにも中国語の難易度について、
ちょっとまとめてみました。


まずは読解、読み取りについて考えてみよう!

マカオの友達がいまして、彼は僕の親友なんですが、
「日本に旅行に行ったんだけど、漢字があるから
意外に困らなかった」と言っていました。


ってことは逆もしかり!ですよね。
中国語を見ると、なんとなく分かっちゃいます。

そう、分かるんですよ!
これが中国語が簡単じゃないのかな~、って
思っちゃう理由なのかもしれませんね。


でもそれは一部の中国語という条件でして、意外に
全くちんぷんかんぷんな中国語の文章がたくさん
あったりします。

日本人だから楽勝!という感覚で、いざ中国語に
向き合うと「あれ?思ってたのと、、、」という風に
戸惑ってしまうかもしれません。


スポンサーリンク


じゃあ文法はどうなのさ!

文法は日本語の文法と似ているところもあるんですが、
“基本的に全くの別物“と思ってもらって大丈夫です。

大丈夫っていうのも何か変ですが(笑)、これは日本人
だから有利だよ、という要素はほとんど見当たりません。


例えば日本語では文章の最後のほうに動詞を置きますね。
「私は昨日友達の家に行きましたみたいに。

中国語では「我昨天了朋友的家」という感じで、
「私は昨日行きました友達の家に」みたいな並びに
なるんです。


もったいぶって最後の最後に動詞を見せつけるのが
日本語で、「先に言っちゃえ!」と動詞を手前に置く
のが中国語って感じでしょうかね~。

それだけじゃなくて、ほかにも中国語の文法は
難しい所がたくさんあります。


中国語の発音は本当にヤバいかもしれない

1

中国語の発音は個人的にはモンスターだと思います。
あれはヤバいです!

「中国語の勉強頑張るぞ~!」って意気込みで始めたのに、
いきなり四声やら有気音無気音やらピンインやらが出て来て、
中国語初心者の初々しい思いを打ち砕くんです!


あれに耐えられた者だけが、次のステージに進める
という、まさにふるい分けのような難関です。

まあ結局頑張れば問題ないんですけどね(笑)、
でも生まれたばかりの赤ちゃんに焼酎を飲ませる
くらい初心者には衝撃的すぎる気がします。


ということは中国語の難易度は高いの?

日本人にとって中国語はやっぱり有利なところもある
けど、あまりに余裕こいてるとコテンパンにやられ
ちゃいますよ。

というのが僕の持論なんですけど、やっぱり日本人だから
漢字を知らない外国の人たちよりは有利な部分が多いと
思います。


でも中国語は日本語じゃないですので、あまりにも
簡単だと思い込むと、窮鼠猫を噛むではないですが、
中国語に噛みつかれちゃうかもしれません。

“アドバンテージはあるけど、やっぱり中国語は一つの言語“
こんな風に考えてまじめに取り組めば大丈夫だと思います。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook like box

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です