中国語の発音はカタカナでも大丈夫?ピンインのほうが良い?

中国語を勉強すると必ず必要になってくるのが
ピンインという発音記号なのですが、本屋さん
などにはカタカナの発音表記の参考書なども
売っています。


今回は中国語のピンイン表記とカタカナ表記では
どちらが正確で有用かについて検証しました。


また台湾では驚くことにピンインを使っていません。
中国では普通に使われているピンインがどうして
台湾では使われていないのでしょうか。

台湾で使用されている「注音」という発音表記について
も説明しています。


スポンサードリンク

中国語はピンイン?それともカタカナ?


カタカタ論争と書きましたが、論争が起きてるのか
自分は全く知らないです、ごめんなさい(笑)。

ただ本屋さんにはカタカナ表記の中国語の参考書など
がたくさんあることに、ちょっとビックリしてしまいます。


「あれ?中国語の発音ってカタカナ表記で良かったっけ?」
という錯覚にまで陥りそうになったので(本当です)、
ちょっと簡単にまとめちゃいました。


カタカナ表記を見比べると分かるカタカナの曖昧さ

カタカナ表記の参考書や教科書が二冊以上あったら、
時間がある時に見比べてみると面白いと思います。

何が面白いのかと言うと、
同じ単語の発音でもカタカナ表記が違う!


例えば中国語の“可以”ですが、ピンインは
(kě yǐ)でして、これは何があっても変わらない。

ただ、カタカナで表記するとなると「カーイー」
とも書けるし、「コーイー」でも良さそうな気がする。


“ピッタリじゃないパズルのピースを無理やり押し込んだ”
のが中国語のカタカナ表記じゃないかと思ってます。


スポンサーリンク


じゃあピンインって何者?

ピンイン表記は中国が発明して、強く推進している
中国語の唯一の表記方法です。

国際的にも公式に認められているのがピンイン表記
ですので、ピンインは世界基準ですね。


なにせカタカタ表記は日本だけですし、表記法も
ちょっと曖昧すぎるので、あまり良くない。

カタカナ選手とピンイン選手が戦った場合、
ピンイン選手の圧勝に終わるわけですね。
たぶん試合開始2秒の一本背負いでしょう。


じゃあピンインの発音記号は最適なの?

今のところピンイン表記が中国語の発音を表記する
最適な表記方法じゃないでしょうか。

でも、ちょっとややこしい所もあるんですよね。

ピンインを勉強したことがある人は分かるのですが、
「あれ?よく分からねえな」てことが時々あります。

でも覚えてしまったら、簡単なものです。
あとはそれを正しく発音できるかがポイントですので。


台湾でピンインができる人はほとんどいない!

世界共通になっているピンイン表記ですが、台湾では
ピンインができる人が驚くほど少ないです。

なぜなら台湾人は違う表記を使っているから。
ちょっと台湾人が使っているキーボードを見ましょう。



2

おおお!なんだこの暗号チックな文字は!


これは注音符號(zhù yīn fú hào)といって、
“中国語のひらがな”みたいな存在ですね。

台湾の子供たちの大好きな絵本などには、
かならずこの表記が振られています。


台湾の注音表記はピンインよりも良いと思う

良いと思います!

最初は「何だこりゃ」状態でしたが、使っていくうちに
この表記の良さというか魅力というか、
けっこう正確に中国語の発音を表してると思います。


そして「この暗号チックな表記を使いこなしている
オレってかっこいい」という錯覚も体験できるという。


中国語のピンイン表記とカタカナ表記のまとめ

もし本気で中国語を勉強したいならピンイン表記
でやるのが良いですね。

「旅行とかで簡単な会話がしたい」というだけなら、
カタカナ表記で十分だと思います。


自分の目的によって決めればいいですね。
時間と暇があれば、台湾の注音はおすすめです。
なにせカッコいいですからね(笑)。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook like box

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です