台湾の中国語検定(TOP)を受けてみた!特徴や難易度は?

世界中で中国語学習者はごまんと居ると思うのですが、
もちろん日本人も中国政府のHSKや日本の中国語検定試験
があります。


ただ良く知られていないマイナーともいえる中国語テスト
があるのをご存知ですか?

それは台湾政府が管理している「華語文能力測驗」というもの。
この資格を取ったからと言って日本や中国で役に立つことは
ほとんど無理なのですが、台湾ではこの試験が標準的。


今回台湾に何年も住んでいて一回も受けていなかったために、
自分の実力を確認するためにも、受けてみました(笑)。

意外な点数に感激なのと、テスト環境にちょっとがっかりした
内容もレポートしています。


スポンサードリンク

台湾版の中国語検定「華語文能力測検」って何?

5

日本には中国語検定試験があり、HSKは中国政府
が認定する中国語のテストですね。

台湾にも台湾の教育部認定の中国語検定があって、
台湾で中国語を受ける人はほとんどこの検定を
受けることになります。


正式名称は「華語文能力測検」で略してTOP
もしくはTOCFLと言います。

とりあえず誰もが知りたい情報を先にまとめました。


  • テストはすべてパソコンを使用。
  • テストの種類は「リスニングとリーディング」「スピーキング」「ライティング」など。
  • 「リスニングとリーディング」ではそれぞれ60分ずつの合計120分。
  • 検定費用は1,200~1600台湾ドル(約4,000~6000日本円)
  • 「リスニングとリーディング」ではテスト終了後に自分の点数が速攻で表示される。
  • 台湾の検定なのでもちろん繁体字!
  • 普及度合い:現状では主に台湾国内という感じ。
  • 試験結果は約1か月後に郵送されるが、ネットでも点数が確認できる。


皆さんが知りたいのは大体こんな感じではないでしょうか。

日本で中国語を勉強するとしたら、ほぼ簡体字ですので、
台湾のこの検定は受けようとも思わないと思います(笑)。


「とりあえず台湾に住む者として一度は受けてみよう」
ということで行ってきました。


「華語文能力測検」を受けた結果

ちなみに「華語文能力測検」のサイトではHSKの
検定との比較が参考として載っています。


1

参照:國家華語測驗推動工作委員會


今回受けてみたのは赤で囲ってあるLEVEL4の高階級。
語彙は5000字で、HSKの6級と大体同じだそうです。

とりあえず検定の結果がこちらです。


4
3

なにやら豪華チックな証書と、成績表をいただきました。
ちなみに満点はリスニングもリーディングも80点です。


結果はリスニングは満点の80点、リーディングは77点でした。
個人的にはちょっと出来過ぎな感じ。

「途中迷ったりしたんだけどな~」なんて思いましたが、
神様のお助けもあって高得点が取れたんだと思います(笑)。


スポンサーリンク


「華語文能力測検」の印象や難易度

まずテストを受けて感じたのが、設備が貧弱だということ。

隣の人との間隔も狭いし、仕切りもペラペラの白いダンボール
でしたし「安くない検定料払ってるんだから、もうちょっと
立派にしてもいいのでは?」と感じました。

まだまだ発展途上の検定なんだと思います。


テスト自体の難易度なんですが、そこまで難しくない
と思いました。

こればかりは人によるとは思いますが、とりわけ
難しくはなかったですね。


「華語文能力測検」は役に立つの?

もし台湾の大学への留学を考えている外国人がいれば、
大学入学申請時に「華語文能力測検」の成績表が
必要な場合が多いようです。

また奨学金申請にも必要な場合が多いようですね。


ということを考えると、この検定が最も役に
立つのは台湾国内ということでしょうか。

日本でHSKや中国語検定試験のように知名度を
上げるには、まだまだ時間がかかりそうです。


まとめ

まだまだ知名度が低く感じる「華語文能力測検」ですが、
繁体字で中国語を勉強してみたい!という方にはとても
良い検定かもしれませんね。

日本では大阪や東京でこの検定が実施されているみたい
なので、挑戦してみるのもいいかもしれません。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook like box

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です