台湾で日本語は通じるのか?台湾旅行の必須アイテム2つ

日本人に人気の台湾旅行ですが心配なのは、
「台湾で日本語は通じるのか?」ということ。

台湾には日本の大型のショッピングセンターもたくさん
進出していますが、そんな場所では日本語が通じるので
しょうか。


台湾や台北のホテルでは日本語は使えるでしょうか。
コンビニでは日本語は通じないって本当?

台湾旅行に持っていくべき二つの必需品って何?
台湾の日本語事情から、台湾旅行に持っていくものまで
一瞬で理解できる情報をまとめました。


これを読んでさっそうと台湾旅行に出かけましょう!


スポンサーリンク

台湾で日本語はどれくらい通じるか

2

台湾旅行に行く日本人が心配するのが“台湾で日本語は通じるか?”
という疑問です。

結論から言うと、観光客として台湾に行くなら日本語はある程度通じます。
それで「日本語が全く通じなくて困るのでは」と心配する必要はありません。


どんな場所で日本語が通じやすいのか紹介しますので、
台湾旅行に行く前の心構えや準備の参考にしてください。


主な観光地、大きなホテル、大きなデパートなど

日本人観光客のほとんどが台北市もしくは台北市近郊を
観光することと思います。

台北市の大きなホテルや大型のデパート、また有名な観光地では
簡単な日本語が分かる従業員が配置されていることが多いです。


ただ台北市から遠ざかっていくにしたがって、デパートや
観光地でも日本語が通じにくくなります。

しかし台北を主に観光するのであれば、それほど神経質に
なる必要はありません。


台北市であっても日本語が通じない場所

台北市内でも日本語が通じない場所はたくさんあります。

台湾の二大コンビニの7-11やファミリーマート、
またほかのコンビニでは日本語はほとんど使えません。

ホテルやデパートでも規模が小さいなら日本語は
通じないと思ったほうが良いでしょう。


日本人であることの2つのメリット

とても魅力的な台湾旅行ですが中国語ができない人にとっては
「困った時にコミュニケーションできるだろうか」と心配する
ものです。

でも日本人であることの以下の2つのメリットを知ると
安心する方が多いようです。


漢字を知っている日本人はだいたい意味が分かる

中国語は漢字を使用しており、日本人も漢字を使うので
言葉が通じなくても理解できることが少なくありません。

薬屋さんは“藥局”ですし、レストランは“餐廳”というふうに
漢字を見れば分かることもたくさんあります。


台湾人はとても友好的、日本人には特に

台湾人の性格をよく“お人好し”と形容しますが、
友好的なことで知られています。

道を尋ねただけなのに、わざわざ連れて行ってくれたり
親切すぎるくらいに教えてくれる人もたくさんいます。


さらに台湾人は日本や日本人にとても親近感を抱いています。
あなたが日本人だということが分かると親切に助けてくれる
ことも珍しくありません。


台湾旅行の前に準備するもの

台湾旅行の前に準備できるものを紹介します。


  • 紙とペン
  • 心配ならポケット版の中国語会話集などを準備する


前述のとおり、漢字なら日本人でも分かりますので
紙とペンがあればある程度のコミュニケーションは
問題ありません。

それでも心配なら、中国語のフレーズが載った旅行者の
ための本を書店などで買うことをお勧めします。


台湾の日本語事情とは?

台湾は海外旅行先でも人気のスポットです。


下の表は日本政府観光局の統計データをまとめたものです。
台湾に行く日本人は毎年100万人を超えています。


1

このような理由から日本語を学ぶ台湾人は多くいますし、
日本に親しみを持っているという理由からも日本語学習者
は一定数います。


日本独立行政法人交際交流基金が2012年-2013年に行った
調査によると、日本語を学習している台湾人は232,967人
でした。

約2300万人の台湾人口を考えると高い比率かもしれませんが、
だからと言って誰もが日本語を話せるわけではありません。


大きなホテルでは安心して日本語が話せますが、観光地や
デパートでもかろうじて通じる程度、

小さなホテルやコンビニ、小さなレストランではまず日本語は
通じないと思って構いません。


でも大丈夫、ただの旅行なのですから必要なのは場所を
聞いたり注文したりバスに乗ったりすることくらいです。
何も怖がることありゃあしません(笑)。

身振り手振り、かた言の中国語で一生懸命がんばるのも
海外旅行の醍醐味かもしれませんね(笑)。


台湾で日本語は通じるか まとめ

3

台湾の日本語事情

  • 日本語を学ぶ台湾人は確かに多い
  • でも旅行では基本日本語は使えないと思ったほうが良い
  • 日本語が通じるのは大きなホテルや大型のデパート、有名な観光地など


台湾旅行に持っていくと助かるもの

  • 紙とペン
  • 旅行者のための中国語フレーズの本など


もしかしたら中国語を勉強したことがあって、台湾旅行で
ぜひとも使ってみたい!と思っている方もいるかもしれません。

実は台湾の中国語にはちょっとした癖があります。
旅行前の心構えとして参考にしてください。
知らなかった!北京語と台湾の中国語の違い!


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook like box

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です