中国語の発音には濁音がない理由

中国語を勉強したことがある方なら分かると思いますが、
中国語学習の難しいところは発音ではないでしょうか。

日本人は漢字を知っていますので、中国語を勉強したことが
ない人でも、中国語の簡単な文章であれば読み取ることが
できます。


ピンイン表記の勉強もさることながら、ピンインに隠された
見えない発音の決まりもくせ者ですし、日本語にはない
有気音や無気音はとても難しいですね。

そしてたくさんの中国語学習者が誤解しているのは、
「中国語には濁音がある」ということです。
実際は日本人が言うところの濁音はないです。


今回は「中国語には濁音という概念がもともとない」
という事実と発音のコツについてまとめてみました。


スポンサーリンク

濁音という概念がない中国語

中国語の発音はとてもきれいだな
と思ったことはありませんか?

中国語は音のきれいな言語だ、とよく言われます。
それは中国語には濁音が無いからでもあります。
そんなことはない、という人もいるかもしれないですね。


実は中国語には濁音がないというよりも
濁音という概念がありません。
ここがあまり知られていない事実です。

日本人は中国語の発音をピンインで習得します。
ピンインには有気音と無気音があるわけですが、
無気音を濁音と勘違いしている人が多いです。


有気音と無気音の違い

有気音と無気音の違いは空気の流れの違いです。
濁音のあるなしで区別していたら間違いです。
有気音と無気音の違いはたったこれだけです。


  • 有気音…発音のときに口の中の空気を勢いよく出す
  • 無気音…発音のときに口の中の空気を外に出さない


上の説明では空気の流れについてしか書いてありません。
濁音に聞こえるのは、ただそう聞こえるからなので
日本語で言うところの濁音ではないですね。


中国人の無気音が濁音に聞こえたとしても、
そのいわゆる濁音は日本語の濁音とは全く違います。

ちなみに無気音を濁音として発音すると簡単に習得できます。
でも正しい発音かというと、そうとは言い難いです。


間違いの元凶はカタカナ表記

いろんな参考書や教科書で中国語の発音を
カタカナで表記していると思います。
じつはカタカナ表記こそが間違いの元凶です。

カタカナで正確な発音を表現できないのに
カタカナ表記をしているので、学習者は
もちろん間違った発音を習得してしまいます。

ちなみにカタカナ表記で表せない中国語の発音は
有気音と無気音、“e”の発音、“i”の発音
“an”と“ang”の発音などたくさんあります。


もしあなたが本気で中国語を勉強したいのなら
ピンイン表記のみを使うようにオススメします。

最初のほうはチンプンカンプンだと思いますが
練習や聞き取りを続けていくうちに、だんだん
分かってきます。


Σ( ̄ロ ̄lll)発音分からね~!!!


という時期はだれにでもありますので、心配しないで
諦めることなく練習を続けていきましょう。
必ず上手に発音できる日が来ますので。

このブログでは時々、カタカナ表記を載せていますが
これはピンインがまだ出来ない方たちのためです。
とにかく正確な発音はピンインなので本気の学習者は
ピンインのみで勉強するといいですね。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook like box

コメント

  1. shimada より:

    口の中の空気を外に出さなかったら音出ませんよ。

    • wq より:

      ありがとうございます。
      ここに書いてある解説では発音する際に口の中の空気を
      外に出さないという感覚を強調しました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です