台北の地下鉄(MRT)はココが違う!東京の地下鉄と比較してみた

台湾には地下鉄(MRT)があります。
いったい台北の地下鉄は東京の地下鉄と
比べてみてどうなんでしょうか!?
二つの地下鉄の違いをまとめてみました。

番外編で台湾のきれいな駅も取り上げてます。


台湾の地下鉄と東京の地下鉄の違い

台湾の地下鉄は地下鉄とは言わずにMRTといいます。
Mass Rapid Transitの頭文字をとったものですね~。

台湾のMRTに初めて乗った時の第一印象は
「めっちゃ綺麗やん!」でした。

本当にきれいですからね!
他にも色々な特徴があるので、せっかくだから
東京の地下鉄、鉄道と比較してみました!


台北の地下鉄の路線図

2

現在の台北の地下鉄の路線図はこんな感じですね。
ありゃ!ちょっと少ないような。。。。
まあ、そうですよね(汗)
でもこれでも数年前と比べたら増えたほうなんですよ!
これからも増えていく予定ですし(キリ!)。

で、これが東京の路線図。
やっぱ凄すぎるわ~。


3

食べ物は食べちゃいけない台湾の地下鉄MRT

基本というか食べ物は絶対にNGです。


4

罰金は最高7500台湾ドルですね。
1台湾ドル=3.8日本円と計算すると
28,500日本円となります。
高っけ~~!!!

でもそのせいでしょうね、列車内は非常に
清潔に保たれています。
本当にきれいですよ。

ちなみに改札口の前に黄色いラインがあります。


6

この線を越えたら食べ物や飲み物を食べるのは禁止です。
だからこの線の前で一生懸命むしゃむしゃものを食べている
人が時々いますね(笑)。

東京の鉄道も清潔に保たれていますが、台湾の
MRTも引けを取らないばかりか、さらに清潔かも
しれませんね!


台湾のMRT 席をすぐに譲る

1

列車が駅のホームに着いて、お年寄りが列車内に入ってくると
スッと席を立って「どうぞ座ってください!」
と見事なまでに席を譲ります。

これがたまにおこることではなくて、
いつも見ることができる光景ですね。
日本ではなかなか見ることのできない光景
なので日本でも模範にしたいですね。

ちなみに、こんな会話がよく聞こえますね(笑)。


  • A:「どうぞ座ってください」
  • B:「いや大丈夫、あと2駅で降りるから」
  • A:「そんなこと言わずに、座ってくださいよ!」
  • B:「ははは、そう?じゃあすいませんね」
  • A:「大丈夫大丈夫!」


列車内で大声で話す台湾人


日本の列車内では非常に静かですね。
携帯電話も控えるように促されていますし。
その反面、台湾は話し声やら携帯でおしゃべりする
人たちやらでガヤガヤしていますね。

とくにおばちゃんたちは面白いですよ。
となりに立っていると、おばちゃんの
家庭の状況なんかが聞こえてきますし
おばちゃんも、聞かれたら何なのよ!
みたいな感じなのでウケますね。


台湾ではルールを守る人がほとんど

台湾と中国を一緒にして考える人がいますが
台湾人は規律をよく守る人たちです。

電車を待っているときのキチンと一列に
並んでいます。

香港に行った時などは、大陸の観光客が
列に割り込んだり、道で唾を吐いたりと
なかなかマナーが悪かったですね(汗)。

ちなみに台湾人は日本が大好きで、それは
なぜかというと、日本人はとても礼儀正しい
ということが一つの理由として挙げられます。


台湾の美しい駅 美麗島站

台湾の高雄にも高雄MRTがあります。
これが路線図です。


1

真ん中の乗り換えの駅「美麗島駅」は
世界的にも美しい駅として有名
です。

地下一階にはこのようにステンドグラスの見事な
作品を楽しむことができます。


10
14
15
16

台湾の地下鉄と、東京の鉄道の比較
いかがでしたか?

東京に勝るとも劣らない感じでしたよね!
台湾自慢のMRT,台湾に来る機会があったら
台湾の鉄道も忘れずに楽しみたいですね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook like box

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です