中国人は絶対に謝らないのか?検証してみた

中国人を連想すると「うるさい」とか「マナーが悪い」
と思う人はたくさんいると思います。

そしてよく聞くのが「中国人は絶対に謝らない」というもの。
それから連想するのが「中国人は性格が悪い」というイメージです。
悪いことをしたら謝るというのは小学生でも知っていますからね。


でもよく考えていくと、中国人の性格が悪いのではなくて、
文化の違いも少なからず関係している、ということです。

中国の歴史をたどっていくと、謝罪がまさしく謝罪の意味を持っている
ということが分かると思います。


日本人の謝罪は時に場を上手く収めるためのものにもなります。
さあ、中国人が謝らない興味深い理由を見ていきましょう!


スポンサーリンク

中国人、なぜ謝らないのか?

1

ネットで「中国人」と検索してみると関連ワードに
「中国人 マナー」とか「中国人 嫌われる」
出てきます(試しにやってみてもいいかもです笑)。

それだけ日本人にとって中国人のマナーは悪く
映っているんでしょうね。

じゃあ何で中国人はあんなにも謝ろうとしないのか?
ちょっと背景を探ってみました。


中国人の歴史と謝罪

中国の歴史を見ると思うのが長い分裂と統合ですね。
あんなに広い大地で生か死かのサバイバルをしてきた
わけですから、信じられるのは自分だけという
考え方が自然に養われてきました。


また中華文化には
謝るということは全責任を負うこと
という考えがあります。

謝罪=死
という形容もできるわけです。
謝罪に関して日本人とはここが根本的に違います。


中国のビジネスと謝罪

中国人の会社やビジネスではミスをしても
簡単に謝るということはほとんどないそうです。

もし謝ったら、責任を取らされることもありますし
賠償ということもあるからですね。
だからとにかく自分に非はないことを
一生懸命に証明するわけです。

この光景が日本人からしてみると、ただただ
言い訳を言っているように見えるんだと思います。
「これは絶対にあなたのミスでしょう」と思っても
言い訳ばかりしているのを見ると、本当にびっくりしますね。


日本人は謝りすぎじゃない?

日本人は逆に謝りすぎかもしれません。
問題の責任が自分に直接あるわけではないのに
「すいませんでした」と言います。

日本の社会においては謝罪が問題解決の近道
と言えるかもしれませんね。

逆に中国人はシビアな考え方を持っていまして
“謝るということは死を意味する“とはいかないまでも、
日本人よりはシビアに考えています。


死不認錯(死んでも間違いを認めない)
という言葉があるくらいですから。

簡単に謝る日本人となかなか謝らない中国人
そりゃあ上手くやりづらいですし、あつれきは
沢山あるに決まってますね。


でもいくらなんでもこんな時くらいは

中国の人たちの考え方は分かったにしても
道でぶつかったり、足を踏んでしまったら
さすがに「ごめんなさい」くらいは
言ってほしいもんですよね~。

ちなみに中国人は对不起はほとんど言いませんが
不好意思は頻繁に言います。


  • 对不起=本当の謝罪の“ごめんなさい”
  • 不好意思=ちょっと軽い感じで“あらすいません”


台湾でも对不起を聞くことはまれですね。


中国人とうまくやるには

何が何でも道理を説いて間違いを認めさせる
というのはあまりお勧めしません。
どちらかというと、現実的な方法を取るほうが
上手くいくようですね。

中国の企業では遅刻してきた社員に謝罪を求める
のではなくて減給という処置を取ります。
この方法が非常に効果的だそうです。
現実的な方法が一番効果があるそうです。

謝らないからといって、中国人の性格が悪い
ということにはなりません。
中国人の文化を理解しようとすることによって
上手な付き合い方が見つかるはずですね。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook like box

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です